カードを使った占い代表選手

タロット占い:いらすとや -タロット-

実家の倉庫から発掘したタロットカード一式。これこそ運命の導きに違いない!
そんなこんなで神秘に憧れた馬鹿一名が、タロット占いについて一からお勉強。
目指せ一人前のタロットマスター!
第1回のテーマはずばり『基本中の基本』です。

タロット占いとは

まずは前提というか、基本を押さえていきましょう。何事もこれが一番大事です。

『タロット占い』とは

タロット(タローカード)を用いた占い(カード占い)の一種。

タロット占いには、大アルカナと呼ばれる22枚のカードだけを使う方法と、小アルカナと呼ばれる56枚のカードも合わせて計78枚で占う方法がある。少々特殊ではあるが、小アルカナのみを使う占いもある。

―――中略―――

それぞれのカードには寓意的な絵、もしくはワンド・カップ・ソード・ペンタクルといった絵が描かれていて、占う者はカードに描かれた絵を解釈することで占い結果を読み取る(リーディング)。カードの名称から意味を辞書的に意味を調べるのでなく、カードに描かれている光景を基に意味を感じ取ることが必要である。カードの解釈は正位置(上下の向きが正しい状態)ではカードの本来の解釈を表し、逆位置(上下逆さまの状態)では正位置の解釈が「弱まる・過ぎ去る…」のように解釈をする占い師が多いが、正位置・逆位置の区別を行わないタロットデッキや占い師も存在する。

出典:フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 -https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%BF%E3%83%AD%E3%83%83%E3%83%88%E5%8D%A0%E3%81%84

みんな大好きウィキペディア先生によるとこんな感じです。

なんとなく小難しい感じですが、要は『カードの柄や並びや向きからフィーリングで意味を読み取る』ってところでしょう。うん、シンプルに難しそうですね!(白目)

まあでも焼いた甲羅に入ったヒビの加減とか水晶玉の中に見える光の揺れ具合とか、そんな曖昧なものから読み取れって言われるよりは、カードという明確な象徴を基にする分だけまだやりやすいはず。そうだったらいいなぁ……

タロットカード ≒ 大小アルカナ

気を取り直してタロット占いに必須のアイテム、タロットカードについて抑えていきましょう。

前述のとおり、タロットカードは1セットの中で大きく二つに分けられます。
1つは『大アルカナ』で、もう1つが『小アルカナ』。わざわざ分けられているだけあってそれぞれ意味があるみたいですので、まずは『当たり前』を確認していきましょう。

大アルカナ:22枚の導き

サブカル民でタロットカードと聞けば、まず思い浮かぶのが多分こっちでしょうね。現代に伝わる神秘の一つってことで親和性の高いファンタジーや特殊能力物、そうでなくても組織の重要ポストの名称などなど、いろいろとモチーフにされることも多いですし。
代表的なのは『ジョジョの奇妙な冒険』でしょうか? 第三部から登場する特殊能力のスタンドは、大アルカナ由来ですね。まあカードの意味を再現してるってわけでもなさそうですし、途中からエジプト神話が混ざってきたりで本当に『あくまでモチーフにしただけ』って感じですが。

それはそれとして、こちらは頭に『大』とつくだけあって、特に力が強い意味の象徴というのが占いにおける一般的な扱いのようです。とりあえず一覧にして見てみましょう。

00.愚者(Fool)
01.魔術師(Magician)
02.女教皇(Priestess)
03.女皇帝(Empress)
04.皇帝(Emperor)
05.法王(Hierophant)
06.恋人(Lovers)
07.戦車(Chariot)
08.正義(Justice)
09.隠者(Hermit)
10.運命の輪(Fortune)
11.力(Strength)
12.吊るされた男(Hanged Man)
13.死神(Death)
14.節制(Temperance)
15.悪魔(Devil)
16.塔(Tower)
17.星(Star)
18.月(Moon)
19.太陽(Sun)
20.審判(Judgement)
21.世界(World)

わーい、いっぱいだ~。(白目)
これでそれぞれに意味があって、場合によっては反転したり弱まったり……
先は長そうですね。(苦笑)

ちなみに『愚者』はちょっと特殊な扱いのようで、カードや占い師によって0番だったり22番だったり、1番になってて後が一個ずつズレたり、そもそも番外扱いだったりとまちまちのようです。個人的には0番にするのがしっくりするので、私が扱う時はそうしますね。

小アルカナ:56枚の指針

名前だけ聞いてもピンとこないでしょうけど、たぶん一般の人だとこっちの方が馴染みはあるかもしれませんね。理由は簡単、トランプの元ネタが小アルカナだからです。どういう経緯でそうなったのかは今回重要じゃないんで触れないでおきますね。

トランプの元というだけあって、構成は4つの象徴とそれに連なるカードと案外シンプル。つまりは56枚が4つのグループに分かれているから、14枚を4セットってことですね。
頭に『小』とつくだけあって個々の意味は大アルカナほどではないみたいですが、あくまでも『比べて』ってところがミソですかね。

ん? トランプはジョーカー除けば13枚×4グループで52枚じゃないかって? そうなんですよ、小アルカナの方だとグループに1枚多いんですよ。それも含めて一覧で見て見ましょう。

象徴:
 錫杖、棒(Wands、Batons)
 聖杯(Cups)
 剣(Swords)
 硬貨、護符(Coins、Pentacles)

数字+身分:
 1(Ace)
 2~10
 小姓、従者(Page)
 騎士(Knight)
 女王(Queen)
 王(King)

はい、トランプにはいないのは『従者』のカードですね。偶数だとちょうど真ん中っていう数字がなくなるから減らしたんでしょうか? あるいは身分的に人数として数えられないからでしょうか?

ちなみにトランプのジョーカーポジションは大アルカナの『愚者』っぽいですね。仲間内での扱いが不安定なのに、派生とはいえ下位グループにしれっと混ざってる『愚者』さんぇ……特別扱いというか自由っていうか。

こう書いたらパッと見だと大アルカナより少ないですけど、単純な数字を省略してるだけなんですよねぇ……(白目)

正位置と逆位置

タロットカードをシャッフルする時は、トランプや他のカードゲームみたいに上下の順番を入れ替えるだけじゃなくて、テーブルに一度広げた上でよく混ぜ合わせるのが基本のようです。
そうすると当然上下が逆さになるカードも出てくるわけですけど、占いではこれにも意味があるとして扱います。それが正位置と逆位置ですね。

『正位置』はそのまま、出てきたカードの意味を読み取ればいいだけです。ただその『意味を読み取る』っていうのが難しいんですよね。基本的に象徴なので、配置は当然として占われる相手と占う側によっても解釈が変わるので、そこが占い師の腕の見せ所でしょう。

対して『逆位置』は読んで字のごとく正位置と反対の意味と取る他、本来の意味を弱めるって場合もあるようです。そしてその匙加減は占い師の経験によるという……もうこれ職人芸ですよね。

ちなみに逆位置はカードのセットや占い師によっては採用しないこともあるようです。
その場合、逆位置的な意味合いも一つのカードに含まれるって扱いになるみたいですね。つまり出たカード1枚から3パターンのどれかを毎回読み取れということ。うん、素人には無理ですね。
少なくとも慣れないうちは上下で意味が分かれてくれるので、逆位置は採用した方がよさそうです。

とりあえず使えるようになろう

タロット占いを始めるにあたって、最低限押さえておかないといけない基本はこんなもんでしょうか。
それぞれ歴史や由来なんかがあるんでしょうけど、そんなものは使いこなせるようになってから追い追い勉強していけば十分です。今は守破離の『守』のさらに最初なんですから。

本職の占い師の人には怒られそうですけど、こういう経験がものをいうのは電化製品と同じです。詳しい原理を知らなくても使い方さえマスターすれば用は足りるのです。
余計なことは考えず、まずは使い方をマスターしましょう。

タイトルとURLをコピーしました